高大同窓会枚方

トップページ-行事予定-乙女文楽

乙女文楽を鑑賞する会
 乙女文楽は、大正14年に大阪で考案された、女性が一人で一体の人形を遣う人形浄瑠璃です。最も盛んだった昭和の初めには3つの座がありました。その一つは吉田光子さんが率いる座で、主に大阪新世界のラジュム温泉で興行していましたが、いずれの座も戦争により衰退しました。 
 平成6年に「乙女文楽座」が結成され吉田光子さんを座長に活動を続けて現在に至っています。(乙女文楽座公演パンフレットより)

 私たち高大同窓会枚方ではこの伝統ある文芸を、お一人でも多くの人に知っていただきたいと思い、実行委員会を立ち上げて「乙女文楽を鑑賞する会」を企画しました。

 開催日:平成27年10月15日(木)

 公 演:受付開始 13時 開演 13時30分

 場 所:ラポールひらかた 3階研修室1

演 目:二人三番叟・傾城阿波の鳴門

  演 者:乙女文楽座

費 用:300円

 申込み:10月8日(木)まで

       秋山 宏 072-847-2651 小西正太郎 090-1957-2947

乙女文楽実行委員会 秋山 宏

inserted by FC2 system